Change the PTA!

PTAを本来あるべき姿に。心あるボランティア団体に。

【PTAをけっこうラクにたのしくする本】から教わったこと  その②【総会】

 

今回は【PTA総会】について考えてみました。

 

 

【145ページ】

総会後に制服リサイクルバザーが行われる学校があり、人が集まりやすい。この案、いいなぁ。

 

f:id:change_the_pta:20150517110630p:plainf:id:change_the_pta:20150517110757p:plain

 

ついでに言えば、制服を提供してくれた方には1点につき100円のバック、もらって帰る人には、例えば200円(状態のよいものならもう少し値段を上げても?)ほど頂いて、差額をPTAの収益にする、なんてどうでしょう? 体操服を買うとなると、半そででも2,000円程度、長袖なら4,000~5,000円はします。差し上げる先のない保護者にとっても、欲しい人にとっても、有益なのでは。

 

平日の日中に行われることの多いPTA総会。土曜授業や日曜参観の後に設定してはどうだろう? ついでに、歓送迎会をその日の夜に設定してしまえ。

 

先生方こそ、委任状による参加にして差し上げたらよいのでは?

 

我が校でも、5月の平日の参観授業の後、開催されます。参観授業・学級懇談が終わってからの開催。数年前から、年度初めは異動や進学・進級でバタバタと忙しいからか、4月の参観日がなくなりました。時期としては例年どおり5月に入ってからでもよいので、土曜もしくは日曜日の参観・総会にしてもいいかも。

 

 

【146ページ】

いっそペーパー総会・・・ありだな~。こんなこと言ったら、一部の保守派に叱られるだろうけど。

 

  f:id:change_the_pta:20150515222157p:plain

 

いつも形だけの総会。出席者は60~70名で、これは全会員(家庭数)の4割程度です。委任状出席のほうが圧倒的に多いし、出席した保護者の中で挙手・発言する者もなく。

 

忙しい中わざわざ集まっていただかなくてもよいのでは・・・と、いつも思っていましたが、ペーパー総会という方法があるとは、目からウロコでした。印刷物にすれば、必然的に、もっと分かりやすくオープンな運営を心がけなければならなくなるはずで、結果的にはよりよい方向へ向くのではないか、という期待感もありますね。

 

質疑応答が行えない代わりに、意見や質問を受け付けて、執行部で精査し、広報誌やプリントで回答する。総会では発言しにくいけれど、この方法なら誰でも気軽に『参加』できますよね。

 

 f:id:change_the_pta:20150517111723p:plain

家でゆっくり見て、ゆっくり考えることができるし。とはいえ、そこまで真剣に資料に目を通す人がどれだけいるかは分かりませんが(苦笑)