Change the PTA!

PTAを本来あるべき姿に。心あるボランティア団体に。

子ども会のこと

 

子ども会が " 任意加入 " であることは、誰もが知っていると思います。でも、まぁ、地域とのつながりとか、ゴミステーションの利用とか、用水に生活排水が流れていることとかいろいろ考え合わせたら、「入らない」選択をする親御さんはあまりいないとも思います。町内会との兼ね合いとかもあるし。

  

私の小学校区では、子ども会の役員 = 小学校PTAの役員 なんですよね、なぜか。いつからなのか知らないけど。

 

   f:id:change_the_pta:20150501120403g:plain

 

 

母に尋ねてみたところ、昔は違ったみたいですね。

 

私が小学校に在籍していたころは、各クラスから役員を選び、その役員さん方が運動会のPTA競技を取り仕切ったり、その他の仕事もしてくださっていたそう。

 

一方、子ども会の役員の主な仕事は、文字どおり、子ども会行事の企画・運営でした。クリスマス会、ラジオ体操の当番、バス旅行などなど。そういえば、夏休み開放プールの監視当番は子ども会の役員の仕事でした。

 

現在は学年単位で監視当番を請け負います。望むと望まざるとにかかわらず、ですが(苦笑)

  

 

現在の話に戻ります。

 

  

ある年に、「役員ができないから、子どもを子ども会に入会させない」と言われたお母さんがおられました。少し心が弱っていたようです。

 

子ども会に入らないのは自由です。これは全国どこの地域でも同じだと思います。

 

ですが、我が子の小学校(私の母校でもあります)では、PTA入退会自由を周知しておらず、自動入会(強制入会ともいう)です。そして、なぜか、子ども会の役員 = 小学校PTAの役員なんですよ。(大事なポイントなので 2回 書きました)

 

要するに、子ども会に入会しない、なんていう選択肢は、実質あり得ないわけです。子ども会に入らない = 小学校PTAに籍を置かない、ということなわけで、じゃあ、そのお宅のお子さんの小学校生活はいったいどうなっちゃうの? ということになるわけです。子ども会活動に参加できないばかりでなく、登校班に入れてもらうわけにもいかなくなるし、運動会のPTA競技(児童枠)には出場できないし、夏休み開放プールにも参加できないし、PTAが集めているベルマークで買った一輪車や竹馬には乗っちゃいけないことになるし、夏祭りには参加できないことになるし・・・。

 

子どもがかわいそう。

でも、親が役員をやらないんだったら仕方ないよね。

  

この学区のお母さん方は、口をそろえて同じことをおっしゃるでしょう。

 

ちなみに、お父さん方に関しては、仕組みを全く理解していないし、踏み込む気もないため、ここでは除外です。

 

 

********************

 

ここで誤解のないよう念のため書かせていただきますが、現在の私の認識は全く違います。入退会自由という事実と、入会していない家庭の子どもも等しくサービス(サポート)を受けられるという、2つの大原則を本当の意味で理解しました。 

 

********************

 

私が小学校PTA執行部に在籍していたとき、子ども会の役員 = 小学校PTA役員というシステム(制度?)自体おかしいと思う、という声が、同じ子ども会のお母さん方から、たびたび寄せられました。へ~~~そうなんだ? とは思ったものの、小学校PTA在籍2年目にして執行部員となったため、まだ何も把握できていなければ、システムについても理解できておらず。

 

え? ウチの小学校って、よそとは違うの?

何がおかしいんだろう? 

よその学校のPTAではどうやって選んでるんだろう?

 

今にして思えば、両方の意味で「声の大きい」私に、改革・改善への期待を込めて話してくださったのだろうと思うのですが・・・。ごめんなさいね、改革は再来年度以降です。今は助走期間。勉強と経験、そして、それにもまして観察の時間、さらには民衆の意見を逃さず拾い上げる耳と視野と広い心を持つことが重要です。

 

私が本気でPTAの在り方について勉強し、" 本当の意味での " PTA改革を目指し始めたのは、実はこのときではありません。まだです。まだまだ、まだまだ、さらにいろいろあるのです。

 

 

 

広告を非表示にする